ひとつなぎの空間の家

2018年 川崎市


アイボリーとオレンジを基調とした、優しい雰囲気の外観。

 


床色と建具を自然な木目調に統一。木の香りが漂いそうなナチュラルなイメージのエントランス。

 


LDKは隣の洋室とスライディングドアで区切り、いつでも開閉できる空間に。
エントランスホールから洋室、LDK、脱衣所までひとつなぎに回遊できる、生活動線を意識した間取りに。

 


会話を楽しめる対面キッチンを採用。
対面側にもウォールキャビネットを設けることで、開放感を保ちつつも、大容量の収納を実現。

 


アンティークなブラケットが、ナチュラルなリビング空間を彩ります。

 

 

 


2階ホールに配した洗面台は、就寝時などのちょっとした手洗い・洗面のほか、
家族間で利用時間が重なった時も便利。

 


白いレンガ調のクロスが映える、南仏風のサニタリー空間。

 


淡い花柄のアクセントクロスが、部屋全体を優しく、明るい雰囲気を作り出す2階洋室。

 


客室は一変して和洋室に。大柄のアクセントクロスに窓脇に配したブラケットライトが、
心地よい明かりをプロデュース。
押入れタイプのクローゼットには来客用の布団も収納可。

PAGE TOP